妊活から妊娠初期には胎児が先天性の病気にならないよう、妊婦さんは一生懸命葉酸サプリを摂っていると思います。ですが、葉酸は妊娠初期だけ摂ればいいのでしょうか。実は葉酸は妊娠中期から後期にかけても、摂った方がいいのです。

葉酸には造血作用や細胞を始める働きがありますが、細胞分裂を支える働きもあります。妊娠中期から、赤ちゃんは細胞分裂を繰り返して、ガンガン発育していきます。この頃に胎動を感じるお母さんが多いかと思います。でも、葉酸が足りないと赤ちゃんは順調に発育できないのです。ですから葉酸はとても大好きだという事が分かります。

また、妊娠すると赤ちゃんに栄養を与えるために血液量が増えます。妊娠中期以降は大幅に血液量が上がるのですが、血漿(血液の水分)の増え方の方が、赤血球よりも多くなり、血液は掛かるものの、ない血液になってしまうのです。つまり赤血球やそのヘモグロビンが減ってしまっているので、貧血ということになります。しかも血液の中の鉄分は優先的に胎児の方へ行くため、鉄欠乏性の貧血についてにもなる。

妊婦が貧血になると、胎児の発育にも影響がありますし、早産にもなる。赤ちゃんの発育ばかりではなく、お母さん自身にも動悸、息切れ、消耗などの症状が出てしまいます。そういった事を予防するためにも、造血作用のある葉酸を入れる必要が出てくるのです。

それでは、妊娠中期以降はどのくらい葉酸は必要なのでしょうか。妊娠初期なら一年中に必要な量が640マイクログラムなので、食事で240マイクログラム、サプリで400マイクログラムを摂ります。ですが、妊娠中期以降はサプリで入れる分は240マイクログラムに減ります。とは言え、妊娠中期以降に飲み込む葉酸サプリは、妊娠中期以降に必要な成分が入っているサプリを選ぶ必要があります。

おすすめはプレミン16Wだ。こういうサプリは妊娠中期以降に必要なヘム鉄を中心に、15種類のビタミンやミネラルが配合されています。また、葉酸も食品から取れる天然葉酸250マイクログラム配合されています。(厚生労働省は妊娠初期までは合成葉酸ですモノグルタミン酸型葉酸を推奨していますが、妊娠中期以降は天然葉酸を推奨していらっしゃる)。プレミン16Wなら安心して、飲み込むことが出来ます。DUOエッセンスセラムは楽天・Amazonより最安値で買えるってホント?