新入社員研修を企画するのは会社の総務部門だ。
ただ、時代に即したプログラムを作成するのは簡単ではありませんから、専門的な視点からプログラムを提供している企業に依頼することが多くなりました。
新入社員研修とか、各種場面での研修をマネージメントしてくれる。
企業の規模によって新入社員の人数も変わりますから、研修プログラムも異なるものになるでしょう。
断然全国展開をしている企業では入社資金だけは本社に全員を集めますが、それ以降の研修は各地域の実情によっているようです。
また、職種によって学ぶべき内容がすごく変わりますから、新入社員研修のプログラム作成は企業内での役割分担を意識しておかなければなりません。
新入社員研修の例を考えてみましょう。
まずは社会人としてあるべき姿はどのようなことなのかを説明行う。
服装、物言い、マナーなど一般的ですが、その当たり前のことができていない新入社員は少なくありません。
言葉で説明するよりも動画やイラストなど具体的な事例で説明することをおすすめします。
それから、自社でのスマホのやり方も重要です。
学校とは違いますから、スマホ禁止はいかないも、就業時間内に不要なスマホ操作は慎むべきでしょう。
それを研修では説明しなければなりません。
ただ、仕事をする上でスマホがないと参る職場もありますから、そのメリハリをちゃんと付けるように指導します。
インターネットでは新入社員研修に関するたくさんの例が掲載されていらっしゃる。
そのすべてを広める必要はなく、ポイントだけを強調ください。
どのようなことが腹黒いのか、何は許容罹るのかを自分から策する習慣を植え付けることが研修の目的と言えます。
言われたことに対して、自分なりに考えて行動に移れることが一人前のおとなでしょう。
ただ、雰囲気の変化により、やってはいけないこと、することが少しずつ変わってきました。
新入社員研修ではそのことも強調しなければなりません。
プログラムにはきっちりコンプライアンスに関する項目があるはずです。
言葉の意味ではなく事例を通して理解して味わうようにしなければなりません。参照サイト