自分の持っている西洋画、果たして価値はどれくらいなのだろうか、いやその前にこういう絵は本物なのだろうか、ということはないでしょうか。その絵を売るか売らないかに関わらず、少々知ってみたいことですよね。でも、鑑定すると言っても、家の修理の見積もりとは違うので、絵画に対する鑑定料が発生します。案の定どれくらい加わるのでしょうか。

絵の鑑定というのは、一言で言えばその絵が本物か偽物かを比べること、と言えるでしょう。その絵の価値をたっぷり把握していないと、相続問題が起こった時にも、障碍になってしまいます。しっかりした本物の鑑定書があれば、あわてなくても済みます。

絵を鑑定してもらうには、鑑定士選びも重要です。江戸時代以降の有名な画家であるなら、例えば横山大観、藤田嗣治、竹下夢二、草間彌生ものの画家の書いた絵なら、専門の鑑定機関があるので、そんな所へ持って行けば、間違いない鑑定をしてもらえます。ですが、甚だ古くさい絵だとか全然有名でない画家の絵の場合、そんな専門の鑑定機関がないので、鑑定士選びは難しいかもしれません。一層、西洋画なら西洋画専門の、極めて長く経験を積んで要るベテランの鑑定士がいる所へ持って行くしかないかもしれません。

では鑑定料はどのくらい加わるのでしょうか。一際多いのは、作品特別鑑定料が出されるのではなく、一律の料金で鑑定する業者だ。ですから、鑑定の結果、偽物であろうが本物であろうが、一律料金になるのです。大体、3万円から6万円くらいのようです。それに出張料金が発生する場合もあるので、実に鑑定を通してもらおうと思ったら、事前に細かく料金のことを聞いておくべきでしょう。

また、鑑定業者によっては上記のシステムをとらずに、割り出した品の市場価格で鑑定料を決める所もあるようです。もしも市場価格が10万円くらいのものなら、鑑定料は1万から2万円、50万円から百万円の品なら、鑑定料は3万から5万くらいになるようです。

鑑定してもらっても、鑑定書を発行して貰う時折又、別料金がなる場合もあります。ですが本鑑定書を持つは、誠に大切です。その作品を売る時にも有利になりますし、また、財産問題が発生した時にも慌てずに済みます。http://www.newenglanddays.com/