誰もが知っている世界的な絵画、あなたはどれくらい知るでしょうか。一般の常識として知るべき絵画もありますよね。如何なる絵を言えるでしょうか、初めて超有名な5点を挙げてみましょう。

●ナンバーワンに言えるのは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」でしょう。絵にかなり興味のない方でも、こういう絵は知っていることと思います。雑誌や本、テレビ等で奪いられることもありますし、パロディ化罹ることも多い「モナリザ」だ。描かれたのは1503年から1506階級で、ルネサンス絵画の代表作として知られています。モデルはフィレンツェの織物商人の妻ですリーザ・ゲラルディーニであろうと言われていますが、こういうモデルが誰ですかに関しても何かと逸話があって、話題には事欠かない絵画ですね。フランスのルーブル美術館に常設されており、たえず確かめる人でごった返しています。

●同じくレオナルド・ダ・ヴィンチ作の「最後の晩餐」も超有名です。1495年から98階級のルネサンス時代の作品だ。イタリアのミラノの教会の壁に描かれた壁画で、イエス・キリストの最後の晩餐の模様を描いています。予約制ですが、現在もその教会に描かれたその壁画そのものを見ることが出来ます。

●ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」も有名な絵ですから、多分どこかで写真などを見たことがあるでしょう。これは1485階級のルネサンス時代の作品だ。油彩ではなくテンペラ画で、テンペラ画独特のかわいい鮮やかな色彩が可愛い絵画だ。ヴィーナスが、貝の上にのっていて、海の泡から誕生したばかりという絵になっています。はなはだ大きな絵で、172センチ×278センチですから、かなりの大作だ。イタリアのウフィッツィ美術館が収蔵しています。

●ミレーの「落穂拾い」も有名な絵画だ。1857年の作品で、ミレーの代表作だ。貧しい農民が刈り入れの終わった畑に落ちた麦の穂を、自分たちの食事のために拾い集めている情景が描かれています。旧約聖書のルツ記をテーマに描かれたものです。フランスのオルセー美術館に収蔵されています。

●クロード・モネの「睡蓮」(1916年)も1度は見たことがあるでしょう。モネは睡蓮を題材に200点以上の睡蓮の絵を描いています。十人十色自分の好きな「睡蓮」の絵があるかもしれません。多くの「睡蓮」がありますので、世界各国の美術館に作品が収蔵されています。モネは印象派を代表する画家だ。www.kleindier-tt.nl