国会議員は各種ところから政治献金をもらっていますが、それは国内の個人や企業、団体に限られています。
そのような中で過去に問題となったのが外人による献金だ。
外人からの献金は禁止されて掛かることは辻本清美議員も認識していたのですが、実際には講演料としてお金を受け取っていることが明らかになりました。
献金と講演料は意味合いが違うように思えますが、実質的には何も変わりません。
これは辻本清美議員だけの問題ではなく、現代の政治資金規正法の問題と言えるでしょう。
ただ、国会で辻本清美議員の外人献金問題が議論されたら明確な回答ができなかった結果辻本清美議員の評価を減らすこととなりました。
議員本人がすべての献金について詳細を分かるわけではありませんから、それをサポートする周囲の係の不手際と言えるでしょう。
また、そのような重要な役割を依頼しておる秘書に対する教育が不十分であったと指摘されたのです。
国会議員の問題について暗い人もニュースを通して辻本清美議員が関西生コンについて話している状況を見たかもしれません。
与党に対する問題を追及する姿勢は毅然としてあり、その態度に好感を持っていた人も少なくありません。
しかし、こういう外人献金問題や関西生コン問題では守勢一方となってしまいました。
本人も予想外の展開だったのでしょう。
当方有権者は政治家の行動や発言に注意を対しなければなりませんが、現実には問題が起きてから注目することになります。
その背後における大きな問題ではなく目の前の問題に限定してしまうことがぜんぜんでしょう。
テレビや新聞なども同じことです。
政治に関心を持ちたいと考えているなら、表面的な問題ではなくその裏を知るようにしなければなりません。
そのために何をすればいいのでしょうか。
インターネットで情報を収集して下さい。
どこまでが真実なのか明確にはわかりません。
無責任な発言が横行しているからです。
この情報によって議論しても、滅多に意味のある結論は出てこないでしょう。
それよりも内面で考えてみてはどうでしょうか。
自分が政治家になったとして、どうしてお金を集めればいいのでしょうか。
献金に関する法律の内容はどうなっているかを調べてみて下さい。トリニティーラインジェルクリームプレミアムは楽天やアマゾンより安い